沖縄のおじぃ・おばぁ達は、疲れたときには黒糖を口にしたり、温かいお茶の中へ黒糖を入れ、それを溶かして飲み、疲れを癒していました。
 甘いものには満足感を与え、心に安らぎを与える効果があります。
  笑顔の隣に「今帰仁黒糖」を。 ぜひご賞味下さいませ。

ホーム マイアカウント お問い合わせ

特定商取引法に基づく表記 支払い方法について 配送方法・送料について プライバシーポリシー カートの中をみるfax注文書
Check  
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

與那勝治

黒糖屋の息子として育ち、小さな頃から黒糖工場が遊び場でした。 先代の職人や地元の先輩方からご指導を頂き、その美味しさを現代へと受け継がれてできた「共栄社の黒糖」。ファンの皆様のご期待に応えられるよう日々精進して参りますので、変わらぬご指導の程、どうぞ宜しくお願い致します。 FBはこちら、手づくり加工黒糖も共に宜しくお願いします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
黒糖いろいろ
RSS ATOM

私たちが作っています

私たちが作っています「今帰仁黒糖」

私たち合資会社共栄社は、沖縄県で「やんばる」とよばれる北部にある「今帰仁村(なきじんそん)」で、黒糖を作っています。

こちらのウェブショップで販売している黒糖は、私たちが毎日愛情を込めて作っているものばかりです。
これからも日々精進、おいしい黒糖作りに励んでいきます。ぜひ一度ご賞味ください。

商品の原材料名にある「原糖」「糖蜜」について

原糖とは? 沖縄県産サトウキビを生成してざらめ状にしたものです。

糖蜜とは? 原糖を生成するときに、結晶にならない液状のもの。ミネラルが豊富で風味があります。

黒糖のできるまで

共栄社黒糖ができるまで

1. 直火釜炊きで、じっくり煮つめているところです。
 蒸気釜とは違い、直火独特の風味が出ます。

2. 釜上げし、一定の温度まで下げ、コテで整形台に均一にのばします。
 すぐに固まるので、速さと正確さが求められます。職人の腕のみせどころかな?

3. 整形台にのばした黒糖をカッティングしているところです。

4. カッティングした黒糖を手作業で形を整えているところです。

製造過程02

ウージの中の商品たち